よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売買を考える前に~再建築不可の基礎知識 » 再建築不可物件の解体方法とは

公開日: |更新日:

再建築不可物件の解体方法とは

再建築不可物件を活用する方法はいくつかありますが、建物を一度解体して更地にする方法がポピュラーです。再建築不可となった建物が一体どのような方法で解体されるのか、工法を調べました。

分別解体

解体工事で生じる建築資材廃棄物を、種類ごとに細かく分別してリサイクルしていく方法を分別解体と呼びます。計画的に工事を進め、廃棄物の分別ミスがないよう丁寧に分別していきます。

「建築リサイクル法」が施工されて以来、分別解体がポピュラーな工法として採用されています。手作業が必要なため工数がかかるものの、地球にやさしい解体工事と言えるでしょう。

手壊し解体

大型の重機を使うことなく、人の手だけで解体作業を行う方法です。屋根や梁といった建物の基礎部分を含め、全てを人が確認しながら手作業で取り壊していくため、工事中の安全性が高いのがメリットです。大型の重機が入りづらい旗竿地や狭小地などでよく用いられています。

分別解体と同様に時間や手間がかかりやすいのがデメリットで、実施には技術が必要なため、手壊し解体に対応していない解体業者もいます。

機械解体

手壊し解体と重機による解体を組合わせた工法のことです。木造家屋の解体をする際によく用いられており、築年数が古い建物によく使われています。

作業効率自体は良いものの、重機を併用するため騒音や粉塵などが発生し、健康被害や周辺住民からのクレームになりやすいのがデメリット。しっかりとした対策や事前説明が不可欠です。

圧砕機工法

油圧によって作動する爪型の刃先で、鉄筋コンクリートをかみ砕く「圧砕機」を油圧ショベルの先端に取り付ける解体工法のことを言います。

工事中に生じる振動や騒音などが比較的少なく、単独で3階程度の建物であれば解体が可能など、解体効率が良いのが特徴です。ただし粉塵や散水が目立ちやすいため、強固な作業床が求められる方法でもあります。

ブレーカー工法

SRC(鉄骨・鉄筋コンクリート造)の家屋や建築物を解体する際に用いられている工法です。サイズの小さな「ハンドブレーカー」と、重機である「大型ブレーカー」を用いる方法の2種類があり、土地の大きさや効率などによって使い分けられます。

どちらも作業効率は優れていますが、振動や騒音が生じます。

ウォータージェット工法

高圧で水を噴射し、コンクリートを切断する工法です。効率よくコンクリートを削ることができ、建物に打撃を与えないため振動もほとんど発生せず、安全性を重視した作業が期待できます。

発生した粉塵も水と一緒に回収・排水できるため環境への配慮も優れていますが、解体コストが高くなる点に注意が必要です。

静的破砕剤工法

圧砕機や発破がどうしても使用できないケースで、コンクリート部分などを粉砕するために用いられる方法です。あらかじめコンクリート等に穴を開け、生切開系の膨張剤を重点し時間経過によって膨張圧を利用し粉砕します。

季節によって異なる膨張剤が使用されます。振動や騒音は発生しませんが、強いアルカリ性を示すため、薬剤による作業の危険性があります。

空き家の場合は助成金を受け取ることも

空き家は不法投棄や犯罪、事故など多くの問題に繋がるため、空き家解体のための助成金や補助金が各自治体から提供されています。各市町村ごとに補助金や助成金の条件・額は異なるため、工事を着手する前に自治体に空き家解体の助成金について問い合わせてみましょう。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

このサイトに掲載されている再建築不可物件の買取を行っている企業の中から、東京都の宅地建物取引業者免許を取得しており、免許更新回数が4回以上、設立から15年以上であることが公式HP上で確認できた4社を紹介します。※2022年10月時点の調査内容

設立 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 8回
(東京都知事免許(8)
第61604号)
即日査定・即日現金化
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 4回 
(東京都知事(4)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
エステート
リサーチ

公式HP

電話で
問合せ

2003年 4回 
(東京都知事(4)
第82776号)
要問い合わせ
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ