よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » 荒川区の再建築不可物件買取に強い業者

公開日: |最終更新日時:

荒川区の再建築不可物件買取に強い業者

東京都の北東部に位置し、他の東京都23区と同様に、河川敷を除く区内のほぼ全域が市街化区域に指定されている荒川区。

若者からファミリーまで幅広い年代層の人々が住んでいる一方で、関東大震災および二度の大戦を経たのち、都市整備が追いつかない程のスピードで市街化が急速に進んだ結果老朽化した木造建築が区内に密集している、というのも荒川区の大きな特徴。再建築不可物件の数も多く、区内に存在する約42,000棟の建物の内、約一割が不接道敷地に建っています。

このページでは、そんな荒川区での再建築不可物件の買い取りに特化したイチオシの不動産業者を紹介します。

荒川区でおすすめの再建築不可物件買取業者を選ぶポイント

荒川区での買取実績が豊富かどうか

再建築不可物件の買い取りに対応している業者を選ぶ際に、まずチェックしたいポイントの一つが、該当エリアでの買い取り実績が豊富かどうか。たとえ再建築不可物件の買い取りを積極的に行っている業者であっても、該当エリアでの買い取りに慣れていない場合には、物件価値を正しく評価することができないことがあります。HP上の情報などを参考にして、過去の買取実績を確認するようにしましょう。

査定・買取・現金化までのスピード

即日現金化を謳い文句として掲げている業者は多くありますが、業者を選ぶ際には、実際にはどれくらいの日数で現金化が可能なのか、きちんと確認しておくようにしましょう。不動産の取引というのは基本的には時間のかかるものです。

また、具体的にどれくらいの期間をもって即日としているのかという認識も、業者によって幅があります。即日現金化という謳い文句につられて売却契約を締結したが、実際には、売却金の入金は一ヶ月後だった、といったことを避けるためにも、具体的な日数について事前にきちんと問い合わせるようにしておくといいでしょう。

荒川区でおすすめの再建築不可物件買取業者一覧

再建築不可物件から借地権、底地、立退案件まで柔軟に対応

創業年 2018年
免許
更新回数
1回
東京都知事(1)第102425号
買取までの
最短期間
公式サイトに記載ありませんでした。
対応エリア 公式サイトに記載ありませんでした。
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

「不動産に関するあらゆる問題を解決する」ことを目標として、不動産買取事業を展開している株式会社SA。再建築不可物件はもちろん、権利関係が複雑な借地権や底地、確定測量や通行・掘削承諾が未了の土地など、他の業者では買い取りを断られてしまうことが多い物件の買い取りに特化した業者の一つです。

最短で一営業日で現金化が可能

創業年 2013年
免許
更新回数
2回
東京都知事(2)第95698号
買取までの
最短期間
一営業日
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

再建築不可物件など、売却が難しい物件の買い取りを専門的に行っているあおば管財。直接取引となるため、売却手数料が無料、かつ、最短で一営業日での現金化が可能となっています。売却のための相談は何回しても無料のため、再建築不可物件の処分に悩んでいるという人は、一度気軽に相談してみるとよいかもしれません。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ