よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » 大田区再建築不可物件買取に強い業者

公開日:|更新日:

大田区再建築不可物件買取に強い業者

大田区では、一定規模(市街化区域:500 m²、市街化調整区域:面積要件なし)以上の「開発区域」において 「開発行為」をしようとする場合は、あらかじめ、区長の許可を受ける必要があります(都計法第 29 条)。

再建築不可の物件は新築や増築ができないという法律上の問題があります。主に接道義務違反で再建築不可になるケースがほとんどです。隣接する土地を購入し接道義務を満たすことができると再建築可能とみなされます。接道義務を満たすためには、道幅4m以上で道路と2m以上接していることが条件となります。ここでは条件を満たしていない物件でも買取をしてくれる業者も存在しますので紹介していきます。

大田区でおすすめの再建築不可物件買取業者を選ぶポイント

買取業者を選ぶポイント1

1つめのポイントは、会社が本当に存在しているのかということです。

確認方法は、しっかりとした公式サイトがあって、お問い合わせがすぐにできるようになっていることです。連絡が取れるかどうか、という基準を持っておきましょう。

買取業者を選ぶポイント2

これまでにどのような物件を扱ってきたのかなどという実績、経験について公式サイトなどに記載されているかどうか。今の時代ネットは基本です。公式サイトの中で、どのような業務を行なっていて、これまでの実績がどの程度なのかということが2つ目のポイントです。

大田区での買取実績が豊富かどうか

買取実績が豊富だとしても、自分が買い取って欲しい物件があるエリアでの実績はあるかどうか確認しておくことをおすすめします。再建築不可物件は特殊な物件になりますので、その地域での取引が全くない、地域に密着した業者ではない場合、納得のいく買取条件に至らないということがあります。

査定・買取・現金化までのスピード

できるだけ早く現金化したいと思っている人は注意が必要です。どれくらいの期間で現金化ができるかということの打ち合わせは、依頼する業者としっかりと取り決めをしておいた方がよいことです。即日といっても、数ヶ月待たされることもあります。急いでいる際は業者の見極めが必要になってきます。

大田区でおすすめの再建築不可物件買取業者一覧

創業して10年、地元密着型

創業年 2011年
免許
更新回数
2回
東京都知事(2) 第93583号
買取までの
最短期間
公式サイトに記載ありませんでした。
対応エリア 公式サイトに記載ありませんでした。
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

コンサルタントがしっかりと現地調査をした上でプラン提案を行い、ひとりひとりの悩みに応じた適切な対応を心がけています。創業して10年、地元に密着した不動産会社です。

10年間で2000件以上もの不動産売却の実績

創業年 1997年
免許
更新回数
5回
神奈川県知事(5)第23443号
買取までの
最短期間
公式サイトに記載ありませんでした。
対応エリア 東京23区
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

不動産売却件数は毎年着実に伸びており、2009年からの10年間で2429件もの売却に成功。(2021年4月時点)不動産に関するさまざまな専門的知識を持ったスタッフが、顧客の悩みに寄り添いアシストしています。

【東京版】
再建築不可物件の
買取業者リストを見る

【神奈川版】
再建築不可物件の
買取業者リストを見る