よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » 品川区の再建築不可物件買取に強い業者

公開日: |最終更新日時:

品川区の再建築不可物件買取に強い業者

品川区は区内全域が東京都の都市計画区域の範囲内にあり、建築基準法第42条が規定する道路に接していない物件は全て再建築不可物件となります。再建築不可物件は需要が少なく売れにくいため、訳アリ物件の取扱い実績が豊富な買取業者に相談することが大切です。ここでは、品川区の再建築不可物件に対応できる業者を紹介していますので参考にしてください。

品川区でおすすめの再建築不可物件買取業者を選ぶポイント

品川区の買取実績が豊富かどうか

訳アリ物件の買取に対応できる業者ならどこでもいいわけではありません。品川区の再建築不可物件を売るときは、品川区の買取実績がある業者に相談しましょう。地元の再建築不可物件を取り扱った経験のある業者に相談すれば話がスムーズで、様々な情報やノウハウを持っている可能性も高く、実績のない業者に依頼するより良い条件で売却できるかもしれません。実績は公式HPをチェックするか、記載がない場合は問い合わせてみましょう。

詳しい情報を提供しているか

再建築不可物件の買取実績があるというだけでは、まだ安心することはできません。少しでも良い条件で売却するためには、買取実績以外の様々な情報を確認しておく必要があります。料金体系や査定の方法、現金化までのスピード、瑕疵担保責任や境界非明示の特約の有無など、売却に関わる情報はなるべく詳細に確認しておきたいところです。そのような情報をきちんと提示しているかチェックしてみましょう。

運営歴の長さ

再建築不可物件に対応できる会社の内、運営歴の長い会社はさらに信頼性が増します。運営歴が長い分、再建築不可物件のような売れにくい物件に対する買取ノウハウや、専門家とのコネクション、情報ネットワークを有している可能性が高いからです。運営責任者の交代や免許番号、更新回数も含めて会社の運営歴はしっかり確認しておくことをおすすめします。

査定・買取・現金化までのスピード

スピード買取に対応している業者を比較する場合は、実際のスピードについて確認しておくことが大事です。例えば、「即日対応」というキャッチコピーは魅力的ですが、即日対応の定義の仕方は業者によって異なる場合があります。査定依頼への返答が即日なのか、現金化できるのが即日なのか、定義を確認しておかなければなりません。それによってD査定・買取・現金化までのスピードも変わります。

品川区でおすすめの再建築不可物件買取業者一覧

メガバンクからも買取依頼が殺到している

創業年 1991年(設立年)
免許
更新回数
7回
東京都知事免許(7)第61604
買取までの
最短期間
最短即日
対応エリア 東京都23区全域、神奈川県(横浜・川崎・鎌倉・藤沢・葉山・逗子・湯河原)、熱海(静岡県)
  • 瑕疵担保免責

創業30年で培ったノウハウにより高額査定が期待できる会社です。様々な訳アリ物件に対応しており、再建築不可物件も当然守備範囲。瑕疵担保責任は免責、現状のまま買取りOK、代金は売買契約成立後すぐに支払われます。

どんな不動産でも買い取り可能

創業年 2011年(設立年)
免許
更新回数
2回
東京都知事(2)第93671号
買取までの
最短期間
最短3日
対応エリア 公式サイトに記載ありませんでした。
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

再建築不可物件をはじめ、共有部分、底地権・借地権、事故物件等“どんな不動産でも買い取り可能”と自信を見せる会社です。「費用が一切かからない簡易査定」「様々な角度から行う調査」「査定から売却までのスムーズな対応」など、利便性の高さと手際の良さが光ります。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ