よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 再建築不可物件の活用方法を紹介 » トレーラーハウスとして利用する

公開日: |最終更新日時:

トレーラーハウスとして利用する

再建築不可物件に建物は建てられませんが、トレーラーハウスとして活用できます。トレーラーハウスの特徴やメリット、活用方法を紹介します。

トレーラーハウスとは

トレーラーハウスとは居住用に造られた車輪付きの住まいのことです。トレーラーハウスにはキッチン・トイレ・浴室といった生活に必要な設備がすべて備えられています。さらに内装や家電製品も一般住宅と同じように整っているため、生活するのに困らないでしょう。

断熱材を使えば一般的な住宅と変わりない点が特徴です。キャンピングカーとの違いは、自走するかしないかという点。キャンピングカーはエンジンで自走でき、自身で定期的に水まわりの設備を整える必要があります。一方のトレーラーハウスはタイヤの上に住宅が載ったもの。移動するには牽引する必要があり、自走できません。あくまでも定住前提に造られています。

トレーラーハウスは建築物ではない

トレーラーハウスは居住用として利用されますが、建築物にはあたりません。タイヤの上に家が載っているので「車両」として扱われます。つまり建物を新たに建てられない再建築不可物件でも、土地にトレーラーハウスの設置が可能です。

再建築不可物件にトレーラーハウスを設置する場合は、あからじめ造ったトレーラーハウスを敷地内まで移動させればOK。敷地内に移動させたトレーラーハウスは賃貸物件として経営できます。

トレーラーハウスの活用方法

再建築不可物件にトレーラーハウスを設置して経営するメリットは、初期費用・維持管理費が安く済む点です。原則車両扱いのため、不動産所得税の対象にもならずに活用できます。ただし自治体によって償却資産税がかかる場合もあるので、事前に各自治体へお問い合わせください。

設置したトレーラーハウスは住居以外にも事業や倉庫としても利用できます。数台の小型トレーラーハウスを置いて民泊のように経営したり、習い事教室や飲食店を始めたりすることも可能です。

ただし再建築不可物件が一切道路に接していない場合などは、トレーラーハウスを搬入できない可能性がある点に注意してください。またトレーラーハウスを移動させるには、建築行政の許可を取る必要がある点にも気を付けておきましょう。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ