よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 再建築不可物件の活用方法を紹介 » トランクルームで貸倉庫にする

公開日: |最終更新日時:

トランクルームで貸倉庫にする

そのままで活用するのが難しい再建築不可物件は、売却額も低めに設定されやすく、悩みの種になりがち。そんな再建築不可物件の数少ない活用方法の一つとして、トランクルームとして活用する方法があります。

トランクルーム投資とは

トランクルームとは、敷地内にコンテナを並べてコンテナ内のスペースを貸し出すものです。スペースを物置として利用したい人が、月額などで費用を支払って利用します。近年は一人暮らしで部屋に多くの物を置けない人などが増えているため、トランクルームも需要が高まっています。

トランクルーム投資を始めるにはコンテナを購入し、管理体制を整えるだけと比較的手軽です。撤退時にもコンテナを撤去するだけで良く、賃貸物件を管理するよりもハードルが低いのが特徴です。

トランクルーム投資のメリット

再建築不可物件をトランクルーム投資に活用するメリットの一つが、ランニングコストを大幅に押さえられる点です。投資を始めるにはコンテナを購入するだけで良く、人が住むわけではないため設備投資やリノベーションなども必要ありません。そのため一度設置してしまえば、投資に対する回収は比較的容易といえるでしょう。

荷物を置けるスペースさえ確保できていれば、修繕費もほとんどかかりません。コンテナで荷物を管理するだけのため施錠ができていれば盗難のリスクも少なく、入居者同士のトラブルなどもありませんから、管理中に対処を迫られるような問題も特別起きにくいとされています。

利用者は自分の荷物が入っているところにしか触れないため、利用者同士でトラブルが起きることもありません。

トランクルーム投資の注意点

トランクルームは需要が高まり続けているとは言え、日本では賃貸物件などと比較するとあまり普及していません。自宅に収納場所がない個人や、業務用の物品収納に困っている人など、利用者となる層も限られていますから、利用者が集まりにくい点がリスクに繋がります。

また、コンテナで行うトランクルーム投資は賃貸経営と比べて収益もあまり多くはなく、ローリスク・ローリターンの方法となります。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

このサイトに掲載されている再建築不可物件の買取を行っている企業の中から、東京都の宅地建物取引業者免許を取得しており、免許更新回数が4回以上、設立から15年以上であることが公式HP上で確認できた4社を紹介します。※2022年10月時点の調査内容

設立 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 8回
(東京都知事免許(8)
第61604号)
即日査定・即日現金化
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
エステート
リサーチ

公式HP

電話で
問合せ

2003年 4回 
(東京都知事(4)
第82776号)
要問い合わせ
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ