よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 不動産が売れない場合の処分方法

公開日:|最終更新日時:

不動産が売れない場合の処分方法

本カテゴリーでは、一般的な仲介依頼で不動産が売れない場合の処分のやり方を、物件の種類ごとに解説しています。

れない不動産はどこに相談すればよいのか

現時点で使用する目的や目処が立たない不動産物件を売りたいとお考えの方は先刻ご承知のことと思いますが、そうした不動産物件を売れないまま所有し続けることは、結果的に損をすることになってしまいます。

その理由は、固定資産税にあります。不動産というものは使用していなくても、所有しているだけで税金が課せられるからです。とは言え、不動産の売買というものはそれなりの大きな金額の買い物であり、そうそう簡単に売れるものではありません。運やタイミング、売り手と買い手のめぐり合わせといった要素にも大きく左右されます。

一般的な不動産仲介会社に相談するのは損?

そんな不動産を売却しようとする場合、最も一般的かつ高値での売却が期待できるのが、不動産業者を通じての仲介です。簡単に言えば、不動産業者に不動産の買主を探してもらい、不動産業者は仲介手数料で利益を得るという仕組み。言わば不動産売却の定番ですが、この場合、ある程度物件に魅力がないと、後々損をしてしまうことも考えられるので、注意が必要です。

「不動産会社も手数料を取らなければ立ち行かないため、それなりの努力をして買主を探してくれる」……かと言えば、そうとも限りません。

まず高い査定額を出して仲介契約を結び、買主が付かないという理由で売り値を下げ、つながりのあるパートナー会社に買い取らせる、というケースも少なくないのです。

買取に特化した不動産会社に相談するメリット

物件力に自信がないなら、まずは買取に特化した不動産会社に相談してみることがおすすめです。直接買取の場合、最初の査定額こそ低くなりますが、確実に、しかも短期間で不動産を現金化することができます。また、瑕疵担保責任が免除されるといったメリットも付随しています。もちろん、査定額に納得がいかないようなら、改めて考えなおすという選択肢も。

一般的に、自社の資金を投入しなければならない買取会社の方が、仲介会社よりもシビアに物件の価値を見ますので、その物件の等身大の評価がわかります。仲介会社の査定は、契約を結んでもらうために多めに見積もられる傾向にありますので、物件の価値をあらかじめ知っておくことには、大きな価値があるはずです。

売れなくて持て余している不動産、処分を検討している不動産がある場合は、まず買取に特化した不動産会社に相談した上で、その後の対応を検討してみることをおすすめします。

以下のページでは、上記の内容について、戸建て、マンション、土地という物件の種類ごとに、より詳しく掘り下げて解説しています。ぜひご覧ください。

件の種類ごとの処分方法

まずは下記のページを参考にして、どうして売れないかを探って解決策を見つけていきましょう。

戸建ての物件で、なかなか買い手がつかなかった場合の処分方法などを紹介します。

取り壊しなどが効かないマンション物件の場合の処分方法について紹介します。

利用する予定がなく放置されている土地など、不動産会社に依頼してもなかなか売れない土地の処分方法について紹介します。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ