よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » 千代田区の再建築不可物件買取に強い業者

公開日: |最終更新日時:

千代田区の再建築不可物件買取に強い業者

東京は全域が都市計画区域の中に入っており、建築基準法の第42条で規定される道路への接道義務を満たしていない物件は、再建築不可物件とみなされます。このような再建築不可物件を売却するのは難しく、買い手が付きにくいため、専門の買取業者に相談するのがおすすめです。ここでは、千代田区で再建築不可物件買取業者を選ぶポイントについて、また訳アリ物件の買取に対応している千代田区の業者を紹介してます。

千代田区でおすすめの再建築不可物件買取業者を選ぶポイント

千代田区での買取実績が多いか

買取業者を選ぶポイントの一つは、買取実績です。千代田区内で実際に再建築不可物件の買取をした実績があるかどうか、その数が多いか少ないかをチェックしてみましょう。実績が豊富な場合、訳アリ物件の買取に関するノウハウを持っている可能性が高く、老朽化や瑕疵が多いなど、条件の厳しい再建築不可物件でも買取を期待することができます。公式HPで実績が紹介されていない場合は、問い合わせて話を聞いてみましょう。

運営歴をチェック

買取業者を見極める際は、業者の創業年や運営歴もチェックしましょう。運営歴の長い業者は、様々なタイプの物件を取り扱ってきた経験やノウハウの蓄積があり、かつ地域に密着した営業を行っているため、業者間の横の繋がりを持っている可能性があります。そうした経験とネットワークを活かすことにより、再建築不可物件の買取についても前向きに対応してくれることを期待できるでしょう。

専門家とのコネクションがあるか

千代田区であろうとどこであろうと、再建築不可物件の売却は容易ではありません。一般の物件に比べて取り扱いが難しいため、その道に詳しい専門家の助けやアドバイスが必要です。従って買取業者を選ぶ際は、再建築不可物件に対する適正な評価、あるいは物件の価値を上昇させることができるような、専門的な知識とノウハウを持つ「土地家屋調査士」や「不動産鑑定士」などプロフェッショナルとの繋がりがあるかどうかも見ておきましょう。

千代田区でおすすめの再建築不可物件買取業者一覧

流動性が低い物件の取り扱いが得意

創業年 2018年(設立年)
免許
更新回数
1回
東京都知事(1)第102425号
買取までの
最短期間
公式サイトに記載ありませんでした。
対応エリア 東京都
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

「不動産に関するあらゆる問題を解決する」ことを目標に事業に取り組んでいる業者です。再建築不可物件をはじめ、立退案件、確定測量や通行・掘削承諾が未了の土地など、他の不動産会社がアプローチしにくい不動産を取り扱っています。

訳あり物件を積極的に買取

創業年 平成25年(設立年)
免許
更新回数
2回
東京都知事(2)第95698号
買取までの
最短期間
最短即日・現金買取
対応エリア 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 公式サイトに記載ありませんでした。

再建築不可をはじめ、底地、借地、狭小地、既存不適格、旗竿地、私道など、幅広い訳アリ物件の取り扱いがあります。即日・現金買取や売却手数料0円、秘密厳守、何度でも相談無料など、利便性の高いサービスも魅力的。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ