よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 再建築不可物件の活用方法を紹介 » キッチンカービジネスで利用する

公開日: |最終更新日時:

キッチンカービジネスで利用する

再建築不可の土地を更地にし、キッチンカービジネスに役立てる方法について解説していきます。

キッチンカービジネスとは

キッチンカーの駐車スペースとして、再建築不可の土地を提供するのがキッチンカービジネスです。

キッチンカーは飲食店の業態の一つであり、調理設備が整った車両のことを言います。移動販売車との違いは、その場で調理したものを販売するという点。移動販売車は日用品や食品などを移動先で販売しますが、キッチンカーは調理したものを商品として販売します。

コロナ禍で需要増

コロナが流行したことで、密を避けながらの食事が難しいタイミングがありました。多くの飲食店では、店内で食事をとらずにテイクアウト推奨の店舗が増加。キッチンカーであれば、密を避けながら屋外で食事を楽しんだり、気軽にテイクアウトしたりと複数のメリットがあります。

キッチンカービジネスに「場所」を貸す

キッチンカービジネスで勝ち抜くためには、提供する食品の質だけではなく、販売場所の確保が大切です。キッチンカーは気軽に始めやすいためライバルも多く、人気の出店場所は競争率が高いのが特徴。キッチンカーは出展先の許可が必要であるため、どこでも営業できるわけではありません。

そのため再建築不可の土地であっても、キッチンカービジネスのための場所として貸し出すことで、収益化が期待できるのです。

キッチンカービジネスの注意点とは?

キッチンカー経営者が増加しているため、キッチンカーの営業に貸しだせる土地はニーズも集まっています。ただしキッチンカー経営者に土地を貸しだす場合、「売上の数%を賃料として支払う」という形での契約がほとんど。そのためキッチンカーの売上が土地の賃料収入に直結し、キッチンカーの売り上げが良くなければ利益は期待できません。

また、キッチンカーの経営は季節や天候に左右されやすく、雨や猛暑日などには売上も下がることもあります。

キッチンカー経営者にとって、このエリアでは売り上げが伸びないと判断されれば、長期契約も難しくなるでしょう。

買い取ってくれる?
訳あり物件の売却方法を解説

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

このサイトに掲載されている再建築不可物件の買取を行っている企業の中から、東京都の宅地建物取引業者免許を取得しており、免許更新回数が4回以上、設立から15年以上であることが公式HP上で確認できた4社を紹介します。※2022年10月時点の調査内容

設立 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 8回
(東京都知事免許(8)
第61604号)
即日査定・即日現金化
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
エステート
リサーチ

公式HP

電話で
問合せ

2003年 4回 
(東京都知事(4)
第82776号)
要問い合わせ
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ