よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 不動産が売れない場合の処分方法 » 戸建て

公開日:|更新日:

戸建て

本ページでは、一戸建て住宅がなかなか売れない場合や、古い家をどう処分すべきかについて、解説していきたいと思います。

うすればいい?売れない一戸建てや古い家の処分

一戸建て住宅をなんらかの理由で売り出したいという場合、王道なのは不動産業者に仲介を依頼し、一般購入者との橋渡しをしてもらうというやり方です。一般的な不動産業者も、まずはこのやり方を勧めてくるはずです。

もちろんそれで購入希望者が見つかればよいのですが、すべてのケースで上手くいくという保証はどこにもありません。とりわけ、築30年以上が経過してしまっていたり、老朽化が著しい物件などは、なかなか売れないという現実が突きつけられてしまいます。

そうした場合、仲介会社からは古い家を取り壊して、更地として売却するという提案がされることが多いようです。

確かに、それも売れない古い家を処分するための現実的な方法のひとつではあります。しかし、仲介会社のいいなりになってすぐ更地にしてしまうのは早計です。

個人発注の解体の場合、業者発注に比べそもそも料金が割高ですし、解体業者を紹介してもらった場合は解体業者から仲介会社に支払われる紹介料分も料金に上乗せされます。

また、土地というものは建物が立っている場合と更地の場合とでは、固定資産税がおよそ6倍も変わってくるのです。

更地にしてすぐ売れればよいですが、その保証はどこにもありません。

分にかかる様々な費用と注意点

解体費用の負担という面も見逃せません。都心部での住宅解体費用は木造の場合、1坪あたり3~4万円程度。30坪で90万円~120万円程度という計算になります。鉄骨造やRC造の場合でも1坪あたり5万円程度が相場です。

ただし、重機やトラックが進入できない、隣家との距離が狭いといった場合には当然ながらプラスアルファの料金がかかります。更地にして売りに出す場合、こうした費用がかかる点も考慮しておかなければなりません。

そうした事情を鑑みた上で、古い一戸建てを売却する方法としてぜひ検討すべきなのが、リフォームやリノベーションを行なっている業者による買取です。

古い家にそのまま住むという用途では買い手がつかないという場合でも、リフォームやリノベーションのベース素材としてなら、立地や周辺環境にもよりますが、売れる可能性は大きく高まるのです。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ