よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » LIXIL不動産ショップ(ブリリアント)

LIXIL不動産ショップ(ブリリアント)

LIXIL不動産ショップFC加盟店でもあるブリリアントの再建築不可物件買取サービスについて、強みや買取事例を紹介します。

リリアントの再建築不可物件買取 基本情報

LIXIL不動産ショップ
引用元HP:LIXIL不動産ショップ(ブリリアント)
https://sai-kenchiku-fuka.jp/
査定、現金化までの期間 要問合せ
こんな再建築不可物件にも対応! 現況有姿、瑕疵担保免責
実績 設立 2006年11月
加盟団体免許番号 東京都知事免許(2)第92862号
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉

建築不可物件の買取、ここが強い!

ERA LIXILのFC加盟店による再建築不可・不整形地買取事業

ブリリアントの不動産ビジネスは戸建て・マンションの新築事業やリノベーションからリゾート事業まで、事業領域が幅広いのが特徴。その中に再建築不可・不整形地買取事業も含まれ、LIXIL不動産ショップとして展開しています。

LIXIL不動産ショップは文字通りLIXILグループのFCチェーンであり、ロゴマークにあるERAは世界規模の不動産FCネットワークでもあります。加盟店であるブリリアントが独立経営している事業ではありますが、ブランドに対する信頼感があるのは大きなアドバンテージといえるでしょう。

現況買取・現金決済・迅速対応を実践するビジネス姿勢

再建築不可物件や不整形地のオーナーにしてみれば、売却が難しかったり、手放すにしても不利な条件を飲まなければならないといった悩みを抱えがち。その点、LIXIL不動産ショップのサイトにある「当社に任せて安心な4つの理由」の中には“どんな土地でも買取”や“直接買取だから高査定額、即現金化”といった記述があるので目を引きます。

直接買取で仲介手数料もかかりませんし、不動産・仲介業者向けのページでは“現況買取・現金決済・迅速対応を約束”という記述もあり、一度相談してみる価値はありそうです。

あなたの再建築不可物件を
買取ってくれる
業者リストを見る

取の流れ

  1. 無料相談
  2. 現地調査
  3. 無料査定
  4. 買取契約成立
  5. 支払

リリアントの再建築不可買取事例

東京都練馬区北町の木造平屋建て

接道間口1m8cmのため再建築不可。残置物未処理、現況有姿、瑕疵担保免責にて購入
参照元:LIXIL不動産ショップ|過去の買取実績
(https://sai-kenchiku-fuka.jp/#result)

東京都北区北赤羽西、木造2階建ての共同住宅

接道間口1m30cmのため再建築不可。賃借人入居中(賃貸借契約引き継ぎ)、現況有姿、瑕疵担保免責で購入
参照元:LIXIL不動産ショップ|過去の買取実績
(https://sai-kenchiku-fuka.jp/#result)

リリアントの会社情報

会社名 株式会社ブリリアント
会社所在地 東京都品川区上大崎3-14-37
主なサービス 不動産の売買・交換・賃貸・管理および仲介事業、不動産の経営および相続に関するコンサルタント業
再建築不可物件以外の
買取可能物件
不整形地、旗竿地、狭小地、どん突き、私道
営業時間 9:30~21:00(年中無休)