よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト

売却ならここへ!
再建築不可物件の買取業者リスト

再建築不可物件は、一般的な不動産会社での売却はとても難しい現状です。再建築不可物件など「訳あり」な物件に特化した買取業者なら、土地の活用法をはじめ、法律や売買のノウハウを持っているのでスピーディーな対応が期待できます。
ここでは、買取業者の選び方と、首都圏対応の業者14社の調査結果をまとめています。

再建築不可物件の買取業者
14社を調査!
実績年数の多い4社から
今すぐチェックする!

再建築不可物件の買取業者選びのポイント

大きな金額が動くから
信頼の基準となる実績を確認

買取会社の実績の目安となるのが「宅建業免許番号」にある更新回数です。
「宅建業免許番号」は、不動産業者が宅地建物取引業を行う免許を受けたときに割り振られる番号で、東京都であれば「東京都知事免許(●)第××××号」というもの。免許の更新は、1996年以前は3年に一度、1996年以降は5年に一度で、カッコ内の数字はその更新回数を表します。つまり、カッコ内の数字(●)が大きいほど営業年数が長い会社となります。

  • ご注意!
    近年、不動産とは関係のない会社が「訳あり物件買取会社」を装ってお客様の個人情報を拡散しているトラブルも増えています。実績は要注目です!

査定・買取・現金化(振込)までの
スピードを確認

買取業者の公式サイトを見ていると、最短即日…などの文字が躍っています。ここで注意したいのは何が即日なのかです。即日査定・即日現金化であれば、申し込んだその日のうちに最短で現金化までいくということですが、中には「査定の即日」「即日回答」など、表現が異なるケースもあるので要注意。即日に査定や回答はしてもらえても、実際に買い取ってもらえるまでの期間はわかりません。査定なのか、現金化なのか、どこからの即日なのか表現に注意しましょう。

買取の条件・特約・責任の所在が
明文化されているかを確認

買取の条件面について注意しておきたい代表格が瑕疵担保免責と境界非明示の特約の有無です。瑕疵担保責任とは売却した物件に構造部の欠陥、雨漏りなどの欠陥が見つかった場合、売主が修繕の責任を負うというもの。境界非明示の特約は、隣接する第三者所有の土地との境界線を、何らかの事情で証明できなかった場合、その責任を売主に問わないというもの。これらを明文化しているかどうかもチェックポイントです。
また、買取業者の中には、残留物の処理やその費用まで負担したり、登記費用なども負担してくれる会社もあります。諸費用の負担有無も確認しておきましょう。

営業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

2020年7月調査時点で「再建築不可 買取業者」で検索、上位に表示される会社をピックアップしています。その中でも免許番号の数字が大きい(営業年数の長い)4社を買取スピードや買取条件、買取事例などで比較しました。
※なお、一般の方を対象としている会社に限定しています。

訳あり物件買取センター
(株式会社ティー・エム・プランニング)

訳あり物件買取センター(株式会社ティー・エム・プランニング)
引用元:訳あり物件買取センター公式サイト
https://www.j-angel.co.jp/
創業年 1991年
免許
更新回数
7回
東京都知事免許(7)第61604号
買取までの
最短期間
即日査定・即日現金化
  • 現況有姿
  • 瑕疵担保免責
  • 係争中物件
  • 境界線非明示
  • 私道持ち分なし
  • 近隣トラブル物件
  • 大幅な違反建築物件
  • 残留物撤去費用負担
  • 相続登記代等負担

訳あり物件買取センターの公式サイトで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

買取事例

CASE.1

長い間売却できなかった土地がスピード解決

住み続けていた古い家が地震で倒壊し、その際に再建築不可物件だったことが判明。放置できずに倒壊した建物の残骸を撤去して更地にしました。居住用の土地だったので小規模宅地の特例が適用され、土地の価値が下がったのに固定資産税が増額という状況に。不動産会社に相談したところ、買い取りを拒否されたり、驚くほど安い値段を提示されたり、なかなか売却に繋がらず苦戦。数年間、高い固定資産税を支払い続けました。
そんな中、訳あり物件買取センターを知り相談したところ、満足のいく金額で一週間も経たずに買い取っていただけました。

参照元:訳あり物件買取センター(https://www.j-angel.co.jp/1075)

CASE.2

数年売却できなかった空家を数日で買取

遠く離れた実家の空き家を相続しました。荒れ地になって近隣に迷惑がかからないように、定期的に帰省して管理が必要なうえ、固定資産税や維持管理費が無視できない額になってしまいました。
売却を考えたところ、初めて再建築不可と判明。不動産会社に問い合わせても買取ってくれるところはなく数年が経ちました。
そんな中、紹介していただいたのが再建築不可物件を得意とする訳あり物件買取センターでした。すぐに調査していただき、長年売れなかった土地なのに、翌々日には入金いただきました。

参照元:訳あり物件買取センター(https://www.j-angel.co.jp/1066)

再建築不可物件の買取「ここ」が強い!

スピ-ディーに
現金化

訳あり物件買取センター(ティーエムプランニング)の一番の特徴は、問い合わせから買取までの対応がとても迅速であること。電話査定なら最短1時間程度で買取金額を提示してくれます。対応エリアの即日出張査定で1億円までなら即日現金化も可能です。

査定価格=買取価格、諸費用の負担も

一般的な不動産会社では、実際の買取額は査定金額を下回るのが実情ですが、自社で直接買取をするので仲介手数料がかからず、査定価格がそのまま売買価格。仲介業者との面倒なやりとりが省けます。残留物の処理費用や手続きにかかる諸費用の負担にも対応

再建築不可物件の
対応範囲が幅広い

訳あり物件の買取では1991年の開業から約30年の実績あり。買取数だけでなく、条件の悪い再建築不可物件への対応が可能な点や、「訳あり」の幅広さも強み。係争中の物件、近隣トラブル物件、がけや傾斜地にある物件、境界線不明な物件など多種多様です。

訳あり物件買取センターの公式サイトで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

再建築不可物件・買取PRO
(ホームスタッフ)

再建築不可物件・買取PRO
引用元:再建築不可物件・買取PRO
https://www.saikenchikufuka-kaitori.jp/
創業年 1999年
免許
更新回数
5回
神奈川県知事(5)第23443号
買取までの
最短期間
契約後最短3日で振込
(査定は最短即日)
  • 現況有姿
  • 瑕疵担保免責
  • 係争中物件
  • 境界線非明示

再建築不可物件・買取PROで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

買取事例

CASE.1

神奈川県・横浜市

中古戸建(お父様から相続で受け継いだ物件の買取)

CASE.2

東京都・江東区

中古戸建(親御さんとの同居に伴う空家になった実家の買取)

再建築不可物件の買取「ここ」が強い!

再建築不可物件の
買取に特化

再建築不可物件・買取PROは、再建築不可物件に絞って買取サービスを展開しています。所在地は神奈川県ですが、首都圏に対応。直接買取なので、仲介手数料・相談料がかかりません

不動産サービスの
経験が豊富

サイト運営元であるホームスタッフは、もともと売買物件・賃貸物件の仲介を行ってきた会社。任意売却事業、不動産個人間売買サポート事業など、さまざまなサービスの経験値を持っています。

各分野の専門家と
提携

司法書士や弁護士、税理士、測量士、不動産鑑定士、土地家屋調査士などの専門家と提携、境界線や周辺環境の調査が不明確な物件についても専門家の立場から対応をしてくれます。

再建築不可物件・買取PROで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

フレキシブル

フレキシブル
引用元:フレキシブル公式サイト
https://www.flexible-fudousan.com/
創業年 1992年
免許
更新回数
3回
東京都知事(3)第83259号
買取までの
最短期間
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示
  • 現況有姿
  • 係争中物件

フレキシブルで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

買取事例

CASE.1

ドタキャンになった物件を買取

物件を購入予定のお客様が諸事情により突然キャンセル。やっと売却先が決まっていたのに、また振り出し…と嘆いていた矢先に、フレキシブルを知り相談しました。現況有姿で即日現金決済にて買取に応じて下さり、本当に助かりました。

参照元:フレキシブル公式サイト
(https://www.flexible-fudousan.com/voice/voice01.php)

CASE.2

底地、借地件つき再建築不可物件

不動産業者所有物件で、底地、借地同時売買を1週間で決済できる業者ということで紹介を受けました。 物件紹介を受けて、翌日調査していただき、買付まで2日、決済まで4日間というスピード決済でした。

参照元:フレキシブル公式サイト
(https://www.flexible-fudousan.com/purchase/cat12/)

再建築不可物件の買取「ここ」が強い!

資産価値が低い物件の買取も可能

基本的にグループ内で所有したり売却を行ない転売を目的としないなど良心的。資産価値が低くて需要の少ない再建築不可物件も適正な価格での買取が可能。

さまざまな訳ありに対応

瑕疵担保免責に加えて、検査済み証などがなくても買取依頼できる「現況有姿」や、土地家屋調査士に依頼しなくても買取可能な「境界非明示」物件にも対応。

仲介業者にも対応

物件の概要からの概算査定の後、詳細資料をもとにした机上査定、その後、現地にて状況を把握し、リノベーションなどにかかる費用を算出し、最終的な買取金額を提示。

フレキシブルで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

再建築不可.net(マーキュリー)

再建築不可.net(マーキュリー)
引用元:再建築不可.net
https://saikenchiku-fuka.net/
創業年 2004年
免許
更新回数
4回東京都知事(4)第84482号
買取までの
最短期間
要問合せ
  • 借地権のある物件

再建築不可.netで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

買取事例

CASE.1

リフォームには費用がかさむ古い賃貸物件

所有者にとっては遠方にある古い賃貸物件。入居者が途絶えてしまい、賃貸経営を続けるにはリフォーム費用がかさみ、売却するには狭小地かつ再建築不可という問題に直面。 マーキュリーから複数の提案をした結果、直接買取で納得のいく結果に辿り着けました。

参照元:マーキュリー(再建築不可.net)改行(https://saikenchiku-fuka.net/saikenchikufuka/case.html)

CASE.2

分割できない100坪の土地の2棟の平屋建て

100坪の土地に2棟の平屋建てがあり、再建築不可物件でした。土地の分割ができず、一般的なマイホーム購入希望者には高額となってしまうため、売却が難しい状況でした。マーキュリーが調査し、業者も査定価格に納得して無事売買に至りました。

参照元:マーキュリー(再建築不可.net)改行(https://saikenchiku-fuka.net/saikenchikufuka/case.html)

再建築不可物件の買取「ここ」が強い!

借地・底地問題に
強み

センチュリー21の加盟店であるマーキュリーは不動産会社の中でも借地・底地問題を得意とする会社。借地権や底地に関する問い合わせは(2020年7月現在)年間1000件を超える規模です。

隣地の一括購入で
再活用

マーキュリーの買取方法は、再建築不可物件に隣接する隣地も一括購入する方法。一括購入した土地を再建築できるような不動産に仕上げていくノウハウを持っています。

専門情報を
公式HPで提供

再建築不可.netを運営。保有リスクや相続時の注意点、さらに建築基準法や私道・セットバックなどの専門情報をわかりやすく解説しています。

再建築不可.netで
再建築不可の買取について詳しく見る

電話で問い合わせる

そのほかの再建築不可物件の買取業者リスト

ワケアリ物件を積極的に買取

創業年 2015年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第96759号
買取までの
最短期間
1日
  • 現況有姿

買取困難といわれる事故物件・訳あり物件を積極的に扱い、相談者のニーズに沿った提案をしてくれます。物件買取と合わせて遺品整理や特殊清掃、生前整理、ゴミ屋敷にも対応しています。

MECの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

自社媒体を使って売却をサポート

創業年 2009年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第91180号
買取までの
最短期間
7営業日
  • 現況有姿
  • 瑕疵担保免責

自社が持つ媒体やチャネルを使った再建築不可物件の売却サポートを行っています。これには買取保証サービスが付いていて、瑕疵担保の免責や、現況渡しでの依頼が可能です。

Home Wayの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

仲介手数料や各種費用がかからない

創業年 2011年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第93671号
買取までの
最短期間
3日
  • 現況有姿
  • 残置物撤去費負担

自社での直接買取のため、仲介手数料がかかりません。また、立退費用や確定測量費用、残置物撤去費用などの各種経費についても、売主が負担することなく買い取ってもらえます。

あすか地所の
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

コンサル企業だからこその強みあり

創業年 2017年
免許
更新回数
1回
東京都知事免許(1)第100504号
買取までの
最短期間
3~20日
査定1日
  • 要問合せ

「ソクガイ.jp」を運営するNSリアルエステートは不動産コンサルティング企業。多くの投資家を抱えているので再建築不可物件でも相場相当の金額による買取が期待できます。

NSリアルエステートの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

直接買取だから余分な費用がかからない

創業年 2011年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第93355号
買取までの
最短期間
2~30日
  • 諸費用負担

不動産の流動化事業やコンサルティングも手掛ける不動産ビジネスの総合企業。再建築不可物件買取は直接買取、税金以外の諸費用も同社負担なのが売主にとってメリットといえます。

日翔・レジデンシャルの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

物件価値の再生に強みあり

創業年 2014年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第96416号
買取までの
最短期間
3日
  • 既存不適格物件
  • 任意売却物件
  • 底地物件

再建築不可物件でも単純な再販のみならずリフォームや更地化して物件価値を再生するといったノウハウに長けた企業。相続物件や競売物件など事情が複雑な物件も対応しています。

東京土地開発の
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

不動産業界内からの依頼にも対応

創業年 2013年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第95059号
買取までの
最短期間
即日査定
買取までの期間不明
  • 境界線不明
  • 現況有姿
  • 契約不適合責任免責

年間で数10件から100件程度の再建築不可物件や既存不適格物件を手掛けている会社(2020年7月現在)。個人所有者のほか不動産業界内での依頼にも対応。現況有姿、契約不適合責任免責が買取ポリシーです。

第一土地建物の
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

現金決済・迅速対応がモットー

創業年 2006年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第92862号
買取までの
最短期間
要問合せ
  • 現況有姿
  • 瑕疵担保免責

ブリリアントはERA LIXILのFC加盟店。「LIXIL不動産ショップ」は同社の再建築不可・不整形地買取事業に特化したサービスブランドです。現況買取・現金決済・迅速対応をモットーとしています。

LIXIL不動産ショップの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

再販や自社運用で収益化

創業年 2011年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第92710号
買取までの
最短期間
買取成立後最短3日
  • 要問合せ

「訳アリ物件買取PRO」を運営するアルバリンクは、再建築不可物件でも独自の物件販路や物件再生ノウハウを活かして再販及び自社運用で収益化しています。買取金額は最大5億円とのこと。

訳あり物件買取PROの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

さまざまな条件にも柔軟に対応

創業年数 2014年
免許
更新回数
2回
東京都知事免許(2)第96604号
買取までの
最短期間
要問合せ
  • 底地物件
  • 共有持分
  • 任意売却物件

パトリは不動産関連コンサルティングやリフォームなども手掛ける会社。再建築不可物件の買取において、諸条件に柔軟対応してくれるとともに、借地・底地の相談や買取も対応可能です。

パトリの
再建築不可物件買取を
もっと詳しく

そもそも再建築不可物件って何?
売却が難しいの?
という方はこちらをまずチェック