よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 売却ならここへ!再建築不可物件の買い取り業者リスト » 港区の再建築不可物件買取に強い業者

公開日: |最終更新日時:

港区の再建築不可物件買取に強い業者

港区で再建築不可物件を売却する場合は、買取業者の選び方に気をつける必要があります。なぜなら、再建築不可物件に対する需要は低く、一般の物件と同じ方法で売るのは難しいからです。一方、訳アリ物件を多く手がける買取業者に依頼すれば、売却できる確率が高まります。ここでは港区の再建築不可物件に強い業者について紹介していますので参考にしてください。

港区でおすすめの再建築不可物件買取業者を選ぶポイント

複数の買取業者を比較する

再建築不可物件の買取に対応できる業者は複数あります。しかも業者ごとに特徴や専門分野が違います。再建築不可物件に特化した業者もいれば、訳アリ物件を広く取り扱っている業者もあるでしょう。また地域密着型の業者もいれば、全国対応している業者もあります。このような事情を踏まえ、自分に合った業者を探すため、複数の業者を比較することをおすすめします。

現状のまま買取りできるか

再建築不可物件の中には、物件の中に老朽化した家財道具が残ったままになっている場合もあるかもしれません。このような物件を処分する場合、物件の処分とは別に家財道具の処分も考えなければならず、売却者の負担は大きくなります。買取業者の中には物件と家財道具を合わせて、つまり「現状のまま買取りしてくれる」業者もあります。必要であればエリア内にそのような業者がいるか探してみましょう。

運営歴と信頼性をチェック

買取業者を比較するときは、運営歴の長さと信頼性をチェックしてください。運営歴の長さはノウハウの蓄積に繋がり、信頼性は安全な取引を担保してくれるものだからです。運営歴が長ければ良いとは限りませんが、地域密着で長く営業を行っている場合、様々なタイプの訳アリ物件の取引を経験している可能性があります。そうした経験や実績に基づいて、再建築不可物件の処分についても最適な方法を提案してくれるでしょう。

専門家のアドバイスが受けられるか

一般の物件に比べて需要や流動性が低い再建築不可物件を、好条件かつスムーズに売却するのは簡単ではありません。訳アリ物件の取引に詳しい専門家のアドバイスを受ける必要があります。買取業者の比較を行う際、土地家屋調査士や不動産鑑定士などの有資格者が在籍しているか、またそのような専門家との繋がりが豊富にあるかどうかをチェックしてみましょう。

港区でおすすめの再建築不可物件買取業者一覧

弁護士も解決困難な訳アリ物件の買取実績あり

創業年 1991年(設立年)
免許
更新回数
7回
東京都知事免許(7)第61604
買取までの
最短期間
最短即日
対応エリア 東京都23区全域、神奈川県(横浜・川崎・鎌倉・藤沢・葉山・逗子・湯河原)、熱海(静岡県)
  • 瑕疵担保免責

免許番号7号(2021年6月現在)30年以上の豊富な実績がある現金買取業界最大手の会社。旗竿地や不整形地、狭小地、崖地、袋地、他人所有など、問題を抱える再建築不可物件の買取りにも対応しています。瑕疵担保責任面積が前提、残置物はそのままでも問題ありません。

他社で買取り不可の不動産も買取りできる

創業年 1992年(設立年)
免許
更新回数
4回
東京都知事(4)第83259号
買取までの
最短期間
最短即日
対応エリア 全国対応
  • 瑕疵担保免責
  • 境界線非明示

再建築不可物件のスピード買取に対応している会社です。買取物件は原則自社運用。転売を目的としない現金買取を実施しているため、需要の少ない再建築不可物件でも適正価格によるスピード買取が可能になります。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ