よくわかる!再建築不可物件のまとめサイト » 再建築不可物件の活用方法を紹介

公開日:|最終更新日時:

再建築不可物件の活用方法

再建築不可物件は売却するにしても相場より低い値段がつけられやすく、活用も難しいため扱いに困りがち。ここでは、再建築不可物件を活用するための方法を見ていきましょう。

隣地を賃貸または購入する

再建築不可物件とされている土地の、隣の土地を購入するか賃貸で借りることによって、接道義務・間口要件をクリアすることができます。逆に隣地の所有者に再建築不可物件を売り渡すことでも解決できますが、この方法では交渉が不可欠です。

戸建賃貸にする

住宅密集地にある再建築不可物件であれば、戸建賃貸として十分活用することができます。リノベーション・リフォームを施せば、ファミリー向けの住宅やシェアハウス向けの住宅として収益物件にすることも可能です。

トランクルームにする

自宅や自社内に荷物を置けない人が利用するトランクルーム。再建築不可物件の土地にコンテナを購入して設置するだけで、トランクルームとして運用できます。ランニングコストがかなり抑えられるのが長所ですが、利用者が集まりにくい点がリスクです。

太陽光発電用地にする

再建築不可物件の土地に太陽光発電の設備を設置すれば、太陽光を使って発電した電気を売却して収益を得ることができます。売電事業として上手くいくかどうかが重要ですから、太陽光発電に適した土地であるかどうかを確認しましょう。

業年数が長い再建築不可物件買取業者 上位4社

創業年 免許更新回数 買取までの最短期間
訳あり物件
買取センター

公式HP

電話で
問合せ

1991年 7回
(東京都知事免許(7)
第61604号)
即日査定・即日現金化
再建築不可物件
・買取PRO

公式HP

電話で
問合せ

1999年 5回 
(神奈川県知事
(5)第23443号)
契約後最短3日で振込(査定は最短即日)
フレキシブル

公式HP

電話で
問合せ

1992年 3回 
(東京都知事(3)
第83259号)
即日回答・翌日決済(前提として机上査定あり)
再建築不可.net

公式HP

電話で
問合せ

2004年 4回
(東京都知事(4)
第84482号)
要問合せ